尻トレ=ヒップスラストだけ?③【スリムパワーフィットネス 埼玉 三郷で女性トレーナーのパーソナルジム】ダイエットもお任せ!

query_builder 2021/05/19
トレーニング
5.18(0)

「感動が生まれる場所!スリムパワーフィットネス」

今までありそうでなかった!より健康になりたい女性のためのパーソナルジム!

皆様が価値ありとし、必要とし、求めている満足がここにある!


本日も中臀筋を鍛えるトレーニング方法を皆様にご紹介します!


本日ご紹介するメニューは『ヒップアブダクション』です。


トレーニングジムで体を鍛えている方は、マシンで『ヒップアブダクション』に取り組んだことがあるかもしれません。


マシンでも同じ部位を鍛えることができますが、トレーニング初心者の方や、マシントレーニングに慣れていない方は、お尻の筋肉よりも太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)に効いてしまっている傾向があります。


これは、足を開こうとする意識が強すぎるあまり、無意識のうちに太ももの外側の筋肉を使ってしまっているからだと私は分析しています。


対処法は、足を開くときにお尻をギューっと縮めてください。するとお尻を意識するようになるので、お尻に効かせることができます。


そして、足を閉じるときは、お尻で重りに抵抗する(お尻の力を抜かないようにする)と、お尻の緊張状態が続き、筋肉は発達します。


トレーニング指導でお困りの方にも参考になったでしょうか?


では、ご自宅等でもできる『ヒップアブダクション』の動作を見ていきましょう!

5.19(1)

①横になって床側の膝を軽く曲げます。

5.19(2)

②かかとを上にして、脚を45°の高さまで上げます。


注意点は、脚の指先を上に上げないことです。そうすると中臀筋ではなく内転筋(内ももの筋肉)に効いてしまいます。


『ん~難しい。かかとが下で…。あっ間違えた。かかとは上だ!』

どうしても最初は戸惑ってしまいますよね。


私がトレーニングを始めた頃は、YouTubeはなかったので、1冊の筋トレバイブルの本を買ってボロボロになるまで説明を読んでは繰り返すの連続でした。


でも、間違えてやってしまっても『効かせたい筋肉と違う場所が鍛えられているな』と理解できたのであれば、それも1つの学びだと私は思います。


ー最初から上手くいくわけがないー

そう思ってトレーニングを始めてみると、肩の力が抜けてトレーニングを楽しめるようになると思います。

NEW

  • ~暇な時間?~

    query_builder 2021/09/21
  • ~北の国から~

    query_builder 2021/09/20
  • ~毎日ぐっすり~

    query_builder 2021/09/19
  • ~道に迷いません~

    query_builder 2021/09/18
  • ~自然体で~

    query_builder 2021/09/17

CATEGORY

ARCHIVE